日中ニュース比べ読み

日本の死刑囚、50年の拘束後に釈放 裁判所は「証拠を捏造していた疑いがある

2014年3月31日 CATEGORY - 日中ニュース比べ読み

中国語初心者のための中国留学ガイド、日中ニュース比べ読み更新情報です。

では、早速中国語の記事と合わせてご覧ください。

日本語訳タイトル『日本の死刑囚、50年の拘束後に釈放 裁判所は「証拠を捏造していた疑いがある」と指摘』

(中国語の記事)

 日本死刑犯在押近50年后获释 法院称证据系捏造

据新华社电日本一家法院27日裁定重审一起上世纪60年代的杀人案,当年被判死刑的被告在被关押近50年、等候执行死刑30多年后获释。

受到严厉拷问后认罪

这名死刑犯名为袴田岩,现年78岁,曾是一名职业拳击手。1966年,袴田因涉嫌杀死雇主一家四口被捕。

袴田称,他在受到警方严厉拷问后认罪。他试图翻供,但仍于1968年被定罪。日本最高法院1980年核准对袴田的死刑。

法院称血迹与其无关

在随后的30多年中,袴田一直要求重审。辩方提出,脱氧核糖核酸(DNA)测试结果显示,作为关键证据的衣服上的血迹并不属于袴田。日本静冈地方法院法官村山浩昭在27日的判决中认可这一观点。

法官在作出裁决时说,调查人员可能捏造证据,以寻求为袴田定罪,了结这起当年震惊全日本的案件。

“存在一种可能,即证据由调查机构捏造,”村山在裁决书中说。同时,鉴于袴田很有可能是无辜的,不应继续监禁他。

→クリックして実際の記事のページへ

→クリックして記事読み動画へ

 

→日本の記事のページへ

日中ニュース比べ読みサイトはこちらです。