中国事情通ブログ

あなたの知らない中国1

2014年6月11日 CATEGORY - 中国事情通ブログ

中国語初心者のための中国留学ガイド、伊藤のブログです。

皆さん、こんにちは。

今回から、「皆さんが知らない中国」と題して、中国の諸事情を少しずつ紹介していこうと思います。

今日は、「普通話」の普及率についてです。

普通話とは、現在中国で定められている公用語のことです。

中国では、民族や地方によって、話される言語が異なります。

中国人同士でも各々の言語(方言)で話せば全く理解ができないほどです。

そこで、現代では「普通話」を学校教育や公共の場で用いることが推奨されています。

では実際に、中国で「普通話」はどれだけ通じるのでしょうか?

中国大陸での「普通話」普及率は、70%だそうです。(ロイター通信2013年9月

残りの30%が「普通話」を全く話せないそうです。

この30%には、高齢者世代、教育を受けていないというような理由の他に、

「普通話」の使用に反対している地域もあることが含まれるようです。

 DSCN1067[1]

 

 

 

 

 

 

 

 

私も実際、中国の農村で「全く普通話が通じない!」ということを経験していますが、それは一部の人に対してで、

ほとんどの場面で「方言を話してはいるけど、こちらの言う普通話は理解してもらっている」と実感することはできました。

 

中国語超特急で「普通話」を身につけた皆さんが困らないように、もう少し普及率が上がってほしいな、と願う今日この頃です。