日本人と中国語

前回の物語は・・・

2014年8月20日 CATEGORY - 日本人と中国語

中国語初心者のための中国留学ガイド、伊藤のブログです。

皆さん、前回のブログで紹介した中国語の物語、何だかわかりましたか?

答えは、『アナと雪の・・・』ではなく(笑)『アリとキリギリス』でした。

さぁ、正解した方はどれぐらいいたでしょうか???

パッパカパーン、おめでとうございます!!パチパチパチ。

2719_201204200905231GFGE

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

では、前回中国語で載せた物語の日本語訳をどうぞ!

『ある夏の日、キリギリスが楽しそうに歌を歌っていると、アリたちが歩いてきました。

 キリギリスは「おい、アリども、そんなに汗をかいてどうしたんだい?」と聞きました。

 アリは「キリギリスさん、ぼくたちは食べ物を運んでいるんですよ。」と答えました。

 キリギリスはまた「ここにはこんなにたくさん食べ物があるじゃないか。どうしてそんなに一生懸命運ぶ必要があるんだい?」と聞きました。

 「オレみたいにおなかが空いたら近くにある食べ物を食べて、他の時間は歌を歌ったり、遊んだり、楽しく過ごせばいいんだよ。」

 アリは「でもキリギリスさん、今は食べ物がたくさんあっても、冬が来ればここには食べ物がなくなってしまいます。食べ物があるうちにしっかりと探して来ないと冬困りますよ。」

とアリが言うと、キリギリスは笑いながら

 「ははは、夏はまだ始まったばかりだし、冬のことは冬が来てから考えればいいさ。」

 言い終わるとキリギリスはまた歌い始めました。

 それからも、キリギリスは毎日楽しそうに歌を歌い、アリは毎日せっせと食べ物を運びました。

 夏が終わり、秋が来ました。

 キリギリスはまだ楽しそうに歌っています。

 ついに、寒い寒い冬がやってきました。

 草原の草はすっかり枯れ、キリギリスは食べ物が少しも見つけられなくなってしまいました。

 「お腹すいた、ペコペコだ、もうだめだ。

食べ物はどこだ?

 そうだ!アリが食べ物をたくさん持ってるな。

よし、アリのところに行って何か食べさせてもらおう。」

 キリギリスは急いでアリの家にやってきましたが、アリは家の中から

 「たくさん食べ物があるうちに探しに行けってあれ程言ったのに。ぼくたちの家にはぼくたちの分の食べ物しかないから君にはあげられないよ。」

 と言うと、ドアを閉めてしまいました。

 キリギリスは仕方なく、外は雪が降っていましたが、雪の中独り震えているほかありませでした。』

 

ちなみに、この物語は中国でも有名で、子供のころ絵本や教科書などでよく読まれるお話です。

この物語当てシリーズ(?)もときどきこのブログに登場するかもしれませんので、お楽しみに!!