日本人と中国語

第二外国語で中国語を学習している皆さんへ

2018年4月7日 CATEGORY - 日本人と中国語

皆さん、こんにちは。

中国語超特急講座は2週間で中国語知識ゼロの方を日常生活に困らない中国語レベルまで仕上げるという前代未聞の講座です。

これまで多くの中国に赴任されるビジネスマンの方を中心にご利用いただき、その効果を実現してきました。

中でも、大学で第二外国語として中国語を学んだ(もしくは学んでいる)経験のある方には、その効果が最大限に発揮されてきた、という実感があります。

多くの大学生が「(なんとなく)中国語は単位が取りやすそう」という理由で、第二外国語として中国語を選択したが、実際は思っていたより難しく、挫折し、単位を落としてしまった、というお話しを耳にしたことがあります。

こうした状況の皆さんが中国語超特急講座2週間コースを受講されるとどうなるのか、今回は具体的な例を皆さんにご紹介します。

例1:大学で第二外国語として中国語を学んだ経験あり。しかし、単位を取るためだけの勉強しかしてこなかったので、もう一度一からやり直したい。

こういった方の場合、断片的な中国語知識はあるものの、簡単なあいさつ以外はほとんど話せない、聞き取れないという状態の方がほとんどです。発音練習では、ピンインはある程度わかっている方が多いですが、細かい言い分け、聞き分けまではできていないパターンが多いです。

このような状況だった方が2週間後どうなるかというと、断片的だった知識がすべてつながり、発音も一からやり直したことでより意識的に正しく発音することができるようになります。また、話す・聞くという経験を沢山することにより、会話レベルも著しく伸びます。

 

例2:大学在学中で第二外国語として中国語を学んでいる。大学の講義についていくのが難しく、単位も落としてしまった。

このような状況の方の場合、まずは何に躓いているのかはっきりさせなくてはなりません。

私はその原因を、大人数(20~30名)での授業では、1.中国語で最も大切な発音の習得に限界があること、2.学んだ中国語を使える環境が実際にはないこと、3.そもそも本人に意欲がないことなどが挙げられるのでは、と考えています。

3.の場合を除いて、中国語超特急講座では、少人数での発音指導、中国語を話せる環境を提供することができるため、ほとんどの方が問題を克服し、基礎的な知識をクリアにすることができます。

 

もちろん、ご本人様の学習意欲や語学習得にかける情熱も必要になりますが、

まだ社会に出る前の大学生である皆さんにこそ、私たちの中国語超特急講座をご受講いただき、

就職の際の大きな武器にしていただきたい、と切に願っています。

 

 

◆この記事をチェックした方はこれらの記事もチェックしています◆