中国人講師のひとりごと

中国の黄金周

2014年5月3日 CATEGORY - 中国人講師のひとりごと

※このブログには中国語訳がついていますので、是非、中国語学習にお役立てください。

皆さん、こんにちは。

皆さんはゴールデンウィークに何をしますか?今回のブログでは中国のゴールデンウィーク(黄金周)について書きたいと思います。

実は中国の“黄金周”は日本から伝わってきた休暇なのです。1999年、中国の国務院が新しい≪全国年間祝日及び記念日休暇方法≫を公布し、春節、労働者の日、国慶節の休暇期間を前後2日間の休日をくっつけたため、7日間の長期休暇が形成されました。1999年国慶節の最初の“黄金周”には、全国の旅行者数が2800万人に達し、旅行総合収入額は141万元となりました。こうして、休暇に旅行するという風習は全国に広がりました。長期休暇制度も内需を動かし、消費を促す一大イベントと見られるようになりました。

しかし、2004年、中国人民大学校長が伝統の祝日を休暇日として制定する必要がある、とし、黄金周は取り消され、春節の長期休暇というものが強化されました。

2007年、国は法定祝日調整方案(原案)として、ネット上でアンケート調査を行いました。これにより方案は五一黄金周というものを取り消しました。

ですので、中国は現在5月のゴールデンウィークはありません。逆に、清明,端午,中秋などの伝統的な祝日があります。

(中国語訳)

大家好。大家黄金周都做什么呢?这次博客想跟大家说说中国的黄金周。

其实,中国的“黄金周”是从日本舶来的休假方式。1999年,中国国务院公布了新的《全国年节及纪念日放假办法》,决定将春节、“五一”“十一”的休息时间与前后的双休日拼接,从而形成7天的长假。1999年国庆第一个“黄金周”,全国出游人数达2800万人次,旅游综合收入141亿元,假日旅游热潮席卷全国。长假制度也被视为是拉动内需、促进消费的一大举措。

可是,2004年中国人民大学校长建议增加传统节日为法定假日,取消黄金周,强化春节长假。

2007年国家发改委以就法定节假日调整方案(草案)进行网上问卷调查。方案取消了五一黄金周。

所以中国现在没有五一黄金周。相反,中国现在有清明,端午,中秋等传统节假日。