日中ニュース比べ読み

「ひげ禁止は憲法違反」 日本の地下鉄運転士が政府を起訴

2016年3月29日 CATEGORY - 日中ニュース比べ読み

皆さん、こんにちは。

今週の日中比べ読みニュースです。

では、早速中国語の記事と合わせてご覧ください。

  日本語訳タイトル『「ひげ禁止は憲法違反」 日本の地下鉄運転士が政府を起訴』

 称禁止留胡子违反宪法 日本地铁驾驶员起诉政府

 中新网3月16日电 据日媒报道,不久前,日本大阪市营地铁的2名男性驾驶员因留胡子,而被降低了人事评价。对此,两名驾驶员近日以该行为违反宪法中的保障人格权条款为由,向大阪地方法院提起上诉,要求市政府支付他们每人200万日元(约合人民币11万4400元)的赔偿等。驾驶员表示,“在胡须修剪方面从未有过怠慢,难以苟同一律禁止的规定”。

据诉讼内容可知,在桥下彻时任大阪市长的2012年,市交通局接到指示,需执行严格规范职员服务标准的《职员基本条例》,于是制定了包括禁止男性留胡子、要求女性化妆等规定在内的仪表基准。

而这两名50来岁、经验丰富的驾驶员,因未服从上司提出的剃须要求,于2013、2014年度,在共有5个等级的人事评价中,仅得到了最低等级或是倒数第2的评级。

两人均认为,胡须与服装、发型一样,都属于个人自由,仅凭借不遵守基准为由,便降低人事评价,是违反宪法的行为,同时希望能得到保证,没有义务必须要刮掉胡子才能继续工作。

针对该案,大阪律师会曾在今年1月以侵犯人权为由、劝告市政府废除相关基准。据悉,市交通局则对此回应称“等收到起诉书,确认具体内容后,将采取相应措施”

→実際の記事のページへ

→クリックして記事読み動画へ

→日本の記事のページへ

日中ニュース比べ読みサイトはこちらです。