ここでの二週間がその後の人生のかけがえのない経験となる

中国語超特急コースは、普通の中国語学校の授業とはまったく違います。合宿形式というカリキュラム、若くて熱意のある講師、真摯に生徒の意見を聞いてくれる環境が揃っており、より良い環境・授業を提供しようと取り組んでいます。このことにより、二週間という短期間において発音を中心に「中国語の基礎」を築き、次のステップへ確実につなげる存在であり続けます。

実際に受講された西村様にインタビューにご協力頂きましたので、参考にしてみてください。

インタビュー

西村 肇 様

西村 肇 様(一年の中国留学後に上海現地工場勤務)

ランゲッジ・ヴィレッジの中国語超特急コースを選ばれた理由を教えてください。

仕事上、中国の方と接する機会があり、彼らと交流を深めるために独学で中国語を勉強していました。次第に転職という一つの機会に、スキルアップとして中国語を本格的に勉強しようと考え、留学を決意しました。その際、独学では身に付けにくい発音やネイティブの考え方について短期間で学べるという点に魅力を感じ、中国語超特急コースを選びました。

2週間の滞在のなかで1番印象に残っていること、また大変だったことは何ですか?

特別印象に残っているというものはありませんが、いま振り返るとLVでの生活すべてが自分にとって大切な思い出になったと思います。受講者3人、先生3人で、皆の年代が近いこともあり、授業以外でも卓球やビリヤード、テニスやおしゃべり。といっても遊びだけではなく毎晩一緒に予習復習をしたり、週末図書館で一緒に勉強をしたりなど、一緒に過ごしたのは短い期間ですが、中国語超特急コースで知り合った人たちは、いまでもかけがえの無い友人です。

現在は上海にてお仕事をされているとのことですが、中国語超特急コースでの学習はそちらの生活、またはお仕事で役に立っていますか?

受講後、まず中国へ渡り一年間留学をしました。中国の学校生活では、本では学べない現代の若者用語やネット用語、経済用語などLVの授業で習ったことが、現地で中国の方と交流する際に非常に役に立ちました。また、中国語超特急コースで学んだ標準中国語の発音は、現地の同学達の発音に惑わされることを防いでくれ、正しい中国語をより早く身に付けるための足がかりになりました。

現在は上海郊外の工場にて、生産管理として学んだ中国語を駆使し日々仕事をしております。周りはすべて中国人ですが、基本的な日常会話については問題なくできているので、その点は大丈夫です。とはいえ専門用語、さらに上海語が飛び交うなかでの仕事ですので、日々勉強中といったところです。時々気を抜いて日本人感覚の発音をしてしまうことがあるのですが、日本語のわからない現地人には通じません。そんなときはLVの発音練習を思い出し、注意するように心がけています。

最後に、これから中国語超特急コースを受講される方にメッセージをお願いします。

短期間で中国語をマスターしたいと思って中国語超特急コースを受講される皆さんのことです。きっと中国語に対して非常に貪欲なことと思います。その貪欲さを活かしてどんどん学んでいける環境が、この中国語超特急コースにはあります。中国語学習だけでなく、LVでの生活そのものを思いっきり楽しんでください。中国語が身に付くだけでなく、それ以上のものがきっと手に入ることと思います。

質問は以上になります。ご協力、誠にありがとうございました!!