レッスンの詳細

中国語超特急のレッスン詳細内容

ランゲッジ・ヴィレッジの中国語超特急コースは、1~2週間の短期集中合宿という形をとり、キャッチフレーズである「中国語経験ゼロの方にたった2週間の合宿トレーニングで一人で中国へいっても何とかなる実力をつけさせる」講座を実現しています。このことを実現するためのレッスン内容を以下に説明させていただきます。

1. 発音

1. 発音

中国語超特急最大の特徴であるこの発音授業。400もの音節と声調練習。これを可能にしたのが私たちのオリジナル発音教材です。子音・母音・声調練習と約15項目に分かられた発音を、オリジナル教材を使い集中特訓をしていきます。

この発音特訓は子音・母音共に似た音の対比練習、第1声~第4声までのすべての声調の組み合わせを使った声調コントロール練習など、充実した内容になっています。

これを毎日繰り返すことで、自然と舌の位置、音の出し方を意識する様になり、より正確な発音へとつなげていきます。基本的には第一週目に主な発音の完成を目指し、第二週目は単語・フレーズを使った実践練習をしていきます。

2. 会話

2. 会話

あいさつから始まり、買い物、移動など基本的な会話から中国人の会話でよく用いられる中国語特有の補語にいたるまで、約20項目に分かれたオリジナル教材を使い学習します。 新出単語を使った文の作成、会話練習など、少人数制ならではの、たくさんの話す機会が持てます。

3. 復習・テスト

3. 復習・テスト

前の日に会話授業で学習した単語やフレーズを確認するテストです。一日で習う単語や文法の数は半端ではありません。その日に学習したものをしっかりと復習してもらう意味でこのテストを行っています。又、テストの他にフレーズをピンインなしで読む練習なども行います。ここでも、中国語を「音」として捉える習慣が身につきます。

中国語超特急2週目での一日の最終授業では、実践的な会話練習が行われます。
その授業内容を一部ご紹介します。

1. 中国マンガのストーリーを話そう

1. 中国マンガのストーリーを話そう

なんと教材はマンガ!しかし、このマンガには言葉が書いてありません。登場人物の動きだけを見て、そのマンガの中で起こっている事柄を中国語で話す授業です。授業の中で習ったことを用い、表現する練習となります。

2. トピックについて話そう

用意されたトピックの中から、自分の話したいものを選び、講師も交えて話し合う授業です。自分の考えや意見を述べる練習です。

3. これ何?ゲーム

3. これ何?ゲーム

カードを一枚選び、そこに書かれている単語を、その単語を用いずに説明します。相手がその単語を言い当てることができたら交代です。対象物の特徴や概念を説明する練習です。

4. 順序を話そう

一人ひとりある一連の事柄について、動作の順序にそって説明する授業です。例えば、「オムライスの作り方」、「自転車の修理の仕方」などです。動作の言い回し、順序にそった言い方を練習します。

5. 私だけのストーリー

3つの袋の中にはそれぞれ「時間」、「場所」、「人、もの、事柄」が書かれたカードが用意されています。この3枚のカードを順番にひき、それらの単語を使って自由にストーリーを話す、という想像力のかき立てられる授業です。

いずれの授業も一日の最後ということでリラックスしながら楽しめる内容となっていますが、自分で考えて中国語を話さなければならないものばかりですので、ご自身の中国語レベルが試せる絶好のチャンスです。