これから中国留学を検討される企業、個人の方々には是非お勧めしたい

初心者がいきなり中国に留学してしまうのではなく、日本人の長所短所を知り尽くした日本人がと中国人のコンビネーションで作り上げた中国語超特急コースと中国留学の連携を図ることが最高の学習方法であるとお伝えしました。ここで、実際に「中国語超特急」受講後に中国留学をされ、現在中国で働いておられる、いわば中国語超特急と中国留学との連携の成功者の声をお聞きいただきます。

インタビュー

株式会社エコネコル 土橋 涼 様 インタビュー

株式会社インテック 奥田滝彦 様

現在の所属事業所:
英态希信息技術(上海)有限公司(インテック上海)

中国語超特急2週間コース受講後
中国留学期間:約6か月

中国語知識0の状態から「中国語超特急」受講後に到達されたレベルを教えてください

2週間の学習で四声の発音を理解できる、ピンインが読める、基本文法と日常会話において頻出する単語を習得し、簡単なやりとりができるレベルに達しました。

中国留学でのご自身の中国語学習の取り組みについて教えてください。

朝から夕方までは大学の授業、それから語学学校でマンツーマン形式での会話に重点を置いた授業を受講していました。また、毎週末には日中の交流イベントに参加し、日系企業で働く中国人の方々とお互いの言語を使いながらコミュニケーションを取っていました。

中国留学を終了する際のご自身の中国語レベルを教えてください。

HSK5級に合格し、日常生活を問題なく過ごせるレベルの中国語を習得いたしました。 自分の思っていることを中国語を使って伝えられるようになりました。

中国留学前に「中国語超特急」をご受講されたことのメリットを教えてください。

留学期間中、中国語の事前学習のない状態で留学に来た方々と話す機会がありましたが、事前学習のあるなしは現地での学習の深度に大きく影響すると感じています。事前学習がない場合、大学でのクラス分けが初級クラスになるので、ピンインの読み方や発音からの学習となります。これは私自身の経験上、日本でやっておいた方がよい内容です。なぜなら、中国語はとても難しい発音が多いので、発音の仕方やコツなど、日本語で直接教わった方がわかりやすく、効率よく習得できると思うからです。私自身は中国語超特急にて事前学習がある程度できていたおかげで、中級クラスからのスタートとなり、文法や長文読解、会話重視のトレーニングにもついていくことができ、留学期間を有意義に過ごすことができました。レベルの全体的な底上げにも繋がったと思います。

今現在の中国駐在でのご様子などをご自由にお書きください。

仕事は日系企業向けが多いので、日本語主体となりますが、中国人スタッフとのコミュニケーションや、打ち合わせは中国語が基本です。業務用語が出てくるとついていけないこともありますが、相手の言いたいことや意図を理解する上で、中国語は非常に役立っています。中国語超特急では中国語と英語以外の使用が禁止されており、短期集中で行うプログラムなので、本格的に留学を行う前の準備としては非常に有効です。事前知識のない方は、必須ともいえるプログラムだと思います。これから中国留学を検討される企業、個人の方々には是非お勧めしたいプログラムです!