中国事情通ブログ

中国のネット事情

2020年2月15日 CATEGORY - 中国事情通ブログ

皆さん、こんにちは。

今回は中国に出張や駐在に行かれる皆さんなら、誰しもが気になる話題に触れたいと思います。

ずばり、中国のインターネット事情です。

中国では、日本では当たり前に使っているサービスが使えない、なんてことは多く耳にされるのではないでしょうか?

実際には、「金盾」と呼ばれるインターネット規制により、中国国内ではGoogle各種サービス、YouTube、Dropbox、Line、Facebook、Instagram、Twitter、などのサービスが利用できないということです。

一方、Wifiについては、北京、上海などの主要都市以外の地域でも、空港、ホテル、レストラン、カフェなどの場所を中心にかなり多く普及されているようです。

では、中国での滞在中、日本人の皆さんはどのように対処したらよいのでしょうか?

いくつか方法があるようですので、下記をご参考ください。

1.Wifiレンタル

ポータブルWifiのレンタルサービスを中国の空港で受けることができます。事前予約も可能です。

中国滞在中(出張や旅行などの短期滞在)、いつでもどこでもインターネット環境を保つことができます。

2.SIMカード

日本で使っているスマホをそのまま中国でも使いたい場合、SIMフリースマホであれば,

中国のSIMカードに差し替えるだけで使用することができます。

3.VPN

バーチャルプライベートネットワークという仮想ネットワーク技術で、日本やシンガポールなどのサーバーに接続して、そこから通常のインターネット接続を行うため、中国で規制されているサービスが利用可能。1.のWifiレンタルでもVPN対応が可。

 

詳しくはこちらのサイトをご覧ください。

 

今回は、インターネット事情には疎い私ですが、生徒さんからのご質問があまりにも多いので、他サイトの力をお借りして、中国のネット事情について触れました。

少しでもお役に立てれば幸いです。

 

 

 

 

 

 

 

◆この記事をチェックした方はこれらの記事もチェックしています◆