中国人講師のひとりごと

ねこふんじゃった

2021年5月29日 CATEGORY - 中国人講師のひとりごと

皆さん、こんにちは。

今回は完全なる独り言ブログです。どうぞ、お付き合いください。

「ねこふんじゃった」という曲を、皆さんもご存知だと思います。

あの、ピアノの黒鍵を使って弾く、誰でも簡単に覚えてしまう名曲です。

 

私は5歳から高校卒業までピアノを習っていました。

きっかけは兄がピアノを弾いていて、ある日兄から「ねこふんじゃった」という曲を教わり、弾けるようになった頃、「自分もピアノを習いたい!」と始めたそうです。

しかし、ピアノ教室に通いだした初日、先生に「何か弾ける曲は?」と「ねこふんじゃった」を弾いたところ、「ほほほ」と笑われ、さらには「ここはね・・・」とダメだしをされ、母親に「もうやめたい!」と言ったそうです(笑)

それから何とか続けることができ、高校を卒業してからも趣味でピアノを弾くまでになりました。

 

さて、話を戻すと、実は最近、自分の息子に「ねこふんじゃった」をピアノで教える機会があり、

教えていくうちに何ともこの曲の不思議に気が付きました。

まず、この「ねこふんじゃった」という曲の作者が不明だということ。

もちろん、「ねこふんじゃった」部分以外の歌詞などもわからないので、適当に当てはめたものを歌っていたこと。

それでも、一度弾けるようになると、絶対に忘れない曲であること。

恐らく、この曲が弾けるようになった息子も、今後この曲を忘れることはないだろうな、と思っています。

先にも言いましたが、この曲はかなりの名曲であるということに、今更ながら気が付きました。

 

中国語超特急5日間コースも、この「ねこふんじゃった」のように、皆さんにとって、一度習ったら絶対に忘れないものであってほしい!と強く思います。