中国人講師のひとりごと

凑合活着

2019年9月14日 CATEGORY - 中国人講師のひとりごと

皆さん、こんにちは。

今回は私が中国で生活していた頃の懐かしい中国語をご紹介したいと思います。

私は北京に留学中、ホームステイを2年ほどしたのですが、そのホームステイ先は小さな路地裏の「胡同」と呼ばれる場所でした。

長い平屋つづきのため、ご近所との距離がとても近く、頻繁に行き来があったため、その中にいた私もよくご近所の人と挨拶や簡単な会話を交わしていました。

そんな中、お隣の若奥さんとの挨拶ではいつも、

「你最近怎么样了?」(最近どう?)

「凑合儿活着吧。」(なんとか生きてるよ。)

という会話を交わしていました。

この「凑合儿活着吧。」というのも、この奥さんに教えてもらった中国語で、

「北京のことばよ」ということでしたが、

元々「凑合」というのは「なんとか間に合わせる、なんとか我慢する」といった意味があり、

「なんとか生きているに値するよ、(まぁまぁだよ)」という意味で中国人の間で使われています。

中国人はとくに、「你最近怎么样了?」(最近どう?)という問いかけに対して、

「还行。」や「还可以。」(まぁまぁだね。)という感じに答えることが多いので、

この「凑合儿活着吧。」も究極の答え方かな~と思います(笑)

 

 

 

 

◆この記事をチェックした方はこれらの記事もチェックしています◆