新着情報

新型肺炎ウィルス対策について

2020年6月28日 CATEGORY - 新着情報

お客様各位

2020年4月3日~6月28日(午前)まで約三か月にわたって新型コロナウィルスの感染対策として休業をしてまいりました。お客様におかれましては大変なご不便をおかけしまして申し訳ございませんでした。

いよいよ、同6月28日(午後)よりすべての講座の運営再開をいたします。再開に際して、極力リスクを低減するためにお客様の滞在期間において次のような対応を取らせていただくことを決定いたしましたのでご理解をいただきますようお願いいたします。

(ご利用時の対策)

◆ 施設内にはアルコール消毒液を常備させて頂きますのでアルコール除菌の徹底をお願い致します。

◆ 授業では、中国語の指導における発音の重要性に鑑み、講師と受講生がお互いの口元の形と動きを確認しあう必要があるため、マスクを着用も、英語のように講師と受講生の間のスペースを十分とることも難しいため、講師と受講生の間にアクリル板を置くことで、飛沫の飛散防止を図ることといたします。

◆ 授業と授業の間は空調が必要な時期であっても、窓を開け換気を行います。

◆ 食事の際に使用する大テーブルの向かい合い幅はすべて130㎝以上を確保しており、横隣りは一席空けて着席することといたします。

◆ 客室(寝室)につきましてはすべての客室を「個室」としてのみ提供する方式へ変更します。(全14室)なお、通常期間の場合は無料で対応させていただき、長期休暇期間の場合のみ個室料金(1泊3000円)を頂戴いたします。

◆ 入校時(お客様)と朝食時(外国人講師及びお客様)に必ず体温をチェックさせて頂き37.3℃(講師については各自基準による)以上の体温が確認された場合、病院での診断を経ることなく即座に滞在を中止し、タクシーをご利用の上ご退校いただきます。

なお、検温の方法ですが、まずは簡易的に非接触型体温計で検温し、そちらの結果が37.0℃以上の場合にのみ接触型の体温計で再度検温し、その結果を採用するものとします。(基準としては少々厳しめですが、安全最優先のためご理解をいただきますようお願いします。)

また、上記の条件に該当した場合にも受講費用およびご帰宅にかかるコストにつきましてはお客様のご負担となりますことをあらかじめご理解ください。

◆ 授業中以外のマスクの着用に関する考え方としましても、合宿制語学学校の特徴として滞在中のすべての時間が中国語学習の時間であると考えており、その際も講師の口の動きをお客様が確認すること、および講師がお客様の口の動きを確認することは、外国語教育上、非常に重要なことと考えておりますので、マスク着用を強制することはいたしません。

ただし、当然のことですが、お客様(弊社講師も含め)が個人の考えに基づいて着用をされるご意思をも妨げるものではありませんので、ご自身の判断でご使用いただくことは全く問題ございません。

ランゲッジ・ヴィレッジでは、休業期間以前の体制から引き続き、最大限信頼における情報を収集することを継続し、それにより柔軟に対応をしてまいりますのでご理解のほどなにとぞよろしくお願いいたします。

 

◆この記事をチェックした方はこれらの記事もチェックしています◆