日中ニュース比べ読み

王毅「中日関係の傷は浅くない 病根は日本の指導者にある」

2016年3月22日 CATEGORY - 日中ニュース比べ読み

皆さん、こんにちは。

今週の日中比べ読みニュースです。

では、早速中国語の記事と合わせてご覧ください。

  日本語訳タイトル『王毅「中日関係の傷は浅くない 病根は日本の指導者にある」』

 王毅:中日关系伤得不轻 病根在日本当政者

 十二届全国人大四次会议新闻中心于3月8日(星期二)10时在梅地亚中心多功能厅举行记者会,邀请外交部部长王毅就“中国的外交政策和对外关系”的相关问题回答中外记者的提问。

王毅说,由于日方在历史等问题上的错误做法,这些年中日关系确实伤得不轻。尽管在双方有识之士的努力下,两国关系出现了改善的迹象,但是前景仍然不容乐观。因为日本政府和领导人,一方面不断的声称要改善这种关系,一方面又不断的在到处给中国找麻烦。这实际上是一种典型的”双面人”的做法。

中日两国比邻而居,隔海相望,两国人民也有着友好的传统,我们当然希望中日关系能够真正地好起来。但是俗话说“治病要断根”,对中日关系而言,病根就在于日本当政者的对华认知出了问题。面对中国的发展,究竟是把中国当作朋友还是敌人?当做伙伴还是对手?日方应该认真想好这个问题,想透这个问题。

→実際の記事のページへ

→クリックして記事読み動画へ

→日本の記事のページへ

日中ニュース比べ読みサイトはこちらです。