中国人講師のひとりごと

あした死ぬかもよ?

2020年5月23日 CATEGORY - 中国人講師のひとりごと

代表の本を借りて読んでみました。

「あした死ぬかもよ?」というタイトル。

人生最後の日を迎えた日、あなたはどうなっていたいですか?

自分自身に質問をしていくことで、自分にとって一番大切なものが見えてきます。

「死」というと、一見マイナスな言葉のようですが、誰でもが経験する人生のゴールとも言えます。

ならば、そのゴールに向かって、今、自分ができることやりたいことを精一杯やること、悔いのないように生きることこそが、人生を素晴らしいものに変えてくれることなのだと思います。

そのために、自分自身としっかり向き合って、自分の心の声に耳を傾けてあげる時間をつくることが最も重要なのだな、と気づかされました。

そして、心の声に耳を傾けたら、その声に従い、迷うことなく行動していこう、と思いました。

 

 

 

 

◆この記事をチェックした方はこれらの記事もチェックしています◆