日本人と中国語

あなたはどちらを選びますか?

2016年8月6日 CATEGORY - 日本人と中国語

2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

※このブログには中国語訳がついていますので、是非、中国語学習にお役立てください。

 

皆さん、こんにちは。

今回は中国のある物語を紹介します。

皆さんはどれだけ理解できるでしょうか?もしあなたがこのお話の中の猿だとしたら、どちらを選びますか?

 原始時代の森にはたくさんの猿が住んでいました。ある日、彼らは地面の下から、二つの色の異なるリュックサックを掘り出しました。リュックサックたちは、腰を伸ばし、目を開けました。

「きみたちは誰だ?美味しいものか?」と一匹の猿がリュックサックたちに聞きました。

「僕たちは物を入れるリュックサックだよ。」二つのリュックサックが同時に答えます。

「中には何が入っているんだい?」他の猿が聞きました。

「僕の中には金と銀が入っているんだ。これを使って君たちはたくさんの物を買うことができる。食べるものでも遊ぶものでも、数え切れないほどのお金は君らを満足させることができるんだ。」ときれいな色のリュックサックが笑いながら言いました。

「僕の中には時間が入っているんだ。これは君たちを長生きさせることができる。」と灰色のリュックサックは、低く、落ち着いた声で言いました。

「こいつの言うことは聞くな。」お金のリュックサックは言いました。「そんなにつまらない時間がたくさんあって、どうするって言うんだ?お金持ちになった方がよっぽどいいよ。」

「時間こそがお金なんだ。」時間のリュックサックは怒って、「お金は時間には換えられない!」と言いました。

「・・・・・・・」

ついには、リュックサックたちは、猿たち自ら選ばせることにしました。どの猿も、好きな方のリュックサックを一つだけしか選ぶことができません。

ほとんどの猿がお金のリュックサックを選びました。時間のリュックサックを選んだ猿はほんの一部です。

きらきら光るお金を見て、お金のリュックサックを選んだ猿たちはたいへん喜びました。

彼らは時間を選んだ猿をあざ笑い、彼らが楽しむことを知らない馬鹿なやつらだと言いました。

お金を選んだ猿は贅沢をすることを覚えました。彼らはもう二度と、くだものを摘みに行く必要はなくなりました。何を食べるにも、お金で買えばよいのです。

一方、時間を選んだ猿は、相変わらず以前のような生活を送っていました。彼らはお金持ちの猿のあざけりをまったく気にしませんでした。

ただ心の中で「僕らの時間はとっても大切なんだ」と思っていました。

100年が過ぎ、1万年が過ぎ、数億年が過ぎました。お金を選んだ猿はとっくに姿を消していました。もちろん、時間を選んだ猿は地球を変えはじめていました。彼らは休むことなく学習します。彼らは時間があるにもかかわらず、それでも時間が足りない、と思っていました。そこで、一分一秒をも無駄にせず、学び続け、実行し続けてきました。彼らの体の毛も、本を読んでいて洗うことも忘れ、ほとんどが抜け落ちていました。彼らは跳躍を覚え、二足で歩くことも覚えました。家を建て、道具を使うことと火をおこすことを学びました。さらに何百年か経ち、彼らはついに人類へと変化したのです。-世界の主人、すべての世界はみんな人類のものだ!-

誰もが、世界に忘れられた場所には多くのお金の猿の遺骨が積み重なっているなんて思いもしないだろう。彼らは世界のすべての人にこう警告している。「決してお金だけを愛すな。さもなければ、よい結果はない。」と。

同じ群れの猿でも、どうしてこんなにも大きな違いが出たのだろうか?なぜなら:時間はお金よりも大切だからだ。もしも大量のお金があったとしても、使って楽しむ時間がなければ、それらのお金は何の役にも立たない。

 

大家好。

这次向大家介绍一个中国小故事。

大家可以看懂多少?如果你们是这个故事里的猴子,你们会选择哪一个?

金钱与时间  

「在一片原始森林里,住着许多猴子。有一天,它们在地底下挖出了两个不同颜色的背包,背包们伸伸懒腰,睁开了眼睛。

  “你们是谁啊?是不是好吃的东西?”一只猴子问背包们。

  “我们是装东西的背包。”两个背包异口同声地回答。

  “里面有什么?”另一只猴子问。

  “我里面装着金子和银子,你们可以用它买许许多多东西,不管是吃的还是玩的,数不清的金钱都能满足你。”一个颜色美丽的背包笑盈盈地说。

  “我里面装的是时间,它可以让你们长寿。”一个灰色的背包用它那低沉而又稳重的声音说。

  “别听它的。”金钱背包说,“我们要那么多无聊的时间有什么用?还不如当一个富有的人。”

  “时间就是金钱。”时间背包一脸愤怒,“金钱换不来时间。”

  “……”

  最后背包们决定让猴子们自己来选择。每只猴子只能选一种自己喜欢的背包。

  一大半猴子选择了金钱背包,只有一小部分的猴子选择了时间背包。

  看着这些闪闪发光的金钱,选择金钱背包的猴子们开心极了,它们嘲笑那些选择时间的猴子,说它们全是不懂得享受的大笨蛋。

  选择了金钱的猴子学会了吃喝玩乐。它们再也不用去采摘野果,吃什么都用金钱去购买。

  而选择了时间的猴子,一成不变地过着以前的生活,它们不在乎有钱猴子的嘲笑,只是心想:我们的时间很宝贵。

  一百年过去了,一万年过去了,几亿年过去了,选择了金钱的猴子早就没有了踪影。当然,选择了时间的猴子开始改变地球,它们不停地学习,虽然它们有的是时间,但是它们还是觉得时间太少,于是抓紧每一分每一秒,不停地学,不停地做。它们身上的猴毛因看书忘记洗澡大部分脱落了;它们学习了跳跃和用两只爪子走路;它们盖了房子,学会了使用工具和生火。又过了好几百年,它们终于变成了人类--世界的主人,整个世界都是人类的!

  谁也不会想到,在一个被世界遗忘的角落,拥有许多金钱的猴子化成了一堆枯骨,它们警告世界上所有的人:千万不要只爱金钱,否则没有好结果。

  同样一群猴子,为什么有这么大的区别?因为:时间比金钱更珍贵。如果有大量的金钱,却没有什么时间来享受,那么,要这么多金钱有什么用呢?」