日本人と中国語

前回の物語は・・・23

2020年1月25日 CATEGORY - 日本人と中国語

皆さん、こんにちは。

前回の中国語の物語、皆さんはどんなお話かわかりましたか?

正解は・・・

「うさぎと亀」でした。

それでは早速、日本語訳をどうぞ。

『ウサギは4本足でピョンピョン跳んで、走るのがとても速い。

亀も4本足だが、這えど、這えど、進むのがとても遅い。

ある日、ウサギは亀に会うと、亀がのそのそゆっくり這うのを見て、意地悪したくてたまらなくなった。そこで、いたずらっぽく笑いながら、「亀よ、亀よ、俺たち競争しようぜ!いいだろ?」亀はウサギがからかっているのを知って、小さな目でじろっとにらむと、かまわず行ってしまった。ウサギは亀が競争したくないのを知って、楽しくなって、亀の耳元で跳ねながら、亀をからかった。

亀よ、亀よ、這え、這え、這え

朝一番で花摘みに出かけ

亀よ、亀よ、進め、進め、進め

夕方になってもまだ入り口

 

亀は怒って、「ウサギよウサギ、デタラメ言うな。よし、競争しよう!」と言った。

「何だって?亀、何を言ってるんだ?」

「ここで競争しようじゃないか。」

ウサギはそれを聞いて、おかしくてお腹がよじれそうになった。「亀、お前は本当に俺と競争できるのか?よし、なら俺たちはここから競争だ。誰があの山のふもとの大きな木まで先にたどり着くか見てみよう。よーい、ドン!」

ウサギは足を広げ走っていった。走るのが速く、あっという間に遠くまでいってしまった。

ウサギは後ろを振り返り、亀がまだ少ししか進んでいないのを見ると、心の中で、「亀がウサギと競争だなんて、ばかげた笑い話だ!俺は、ここでしばらく寝て、亀がここまで来たら、いやここより前に進んでからでいいな、ぴょーん、ぴょーんと、ひとっとびすればすぐに追いつくさ。」と思った。

「ラララ、勝利は俺のものさ!」ウサギは地面に寝転ぶと、目をつぶり、本当に寝てしまった。さて亀はといえば、ゆっくりゆっくり進み、それでも一生懸命に這って、這って、這って、ウサギのところまで来たときには、すでに力尽きていた。ウサギはまだ寝ている。

亀も休みたかったが、ウサギが自分よりも速いので、このまま進まなければ勝てないと思った。そこで、亀は止まらずに前へ前へと進んでいった。大きな木がだんだん近づいてくる。あと数十歩、十数歩、数歩となり・・・・ついにたどり着いたのだ。

ウサギはというと?まだ寝ていた。ウサギが目を覚まして後ろを見ると、おや、亀がいない。前を見てみると、なんと、いけない!亀はすでに大きな木の下に着いていたのであった。ウサギは大慌てで走っていったが、もう遅かった。亀の勝ち。

ウサギは走るのが速く、亀は遅い。どうして今回の競争では、亀が勝ったのか?』

◆この記事をチェックした方はこれらの記事もチェックしています◆