中国語ピンポイント講座

中国語:「我」について

2015年2月28日 CATEGORY - 中国語ピンポイント講座

images

※このブログには中国語訳がついていますので、、是非、中国語学習にお役立てください。

皆さん、こんにちは。

ご存知の通り、日本語の“我”にはたくさんの言い方があります。例えば:わたし、ぼく、おれ、自分等です。

では、皆さん知っていますか?実は中国語にも、“我”以外にたくさんの言い方があるんです。今回のブログでは皆さんにいくつかよく使うものをご紹介しようと思います。

 

老子:そうです!老子は有名な道家学派の創始者です。《道徳経》が彼の名作です。しかし、老子には“我”の意味もあります。

 多くの場合、日本語で言う“おれさま”に相当し、怒っているときによく使われます。

例えば:老子现在不高兴;老子不想告诉你。

人家:これは若い女性がよく使います。恥ずかしいときや怒っているときに使われます。

例えば:人家不想去啦;人家那么急,他却什么也不管。

偶:偶は元々粤語の“我”のことで、現在ネット上でよく使われています。もしインターネットをしていて“偶知道”、“偶喜欢”などのフレーズを見つけたら、偶は“我”の意味だと思ってください。

:俺は北方の方言ですが、現在は全国中で広く使用されています。特にテレビドラマの中でよく聞かれます。例えば:俺也去;俺是山东人;俺喜欢她。

皆さん、驚きましたか?中国語の“我”にもこんなにたくさんの言い方があるのです。でも心配しないでください、“我”が一番よく使われています。

中国語初心者の方が“我”を知っているのは必須ですが、“我”を知っている上で、これらの“我”の言い方がわかれば、皆さんの中国語はもっとレベルアップし、本場に近づくでしょう。

では今日、“俺”が書くのはここまでにしておきます。また来週!

 

大家好。

大家都知道,日语的“我”有很多说法,比如:わたし、ぼく、おれ、自分等等。

那么大家知道吗?其实汉语除了“我”以外,也还有很多说法,这次博客就向大家介绍几个常用的。

老子:没错,老子是著名的道家学派创始人,《道德经》是他的名作。可是,老子也有“我”的意思,

大概相当于日语的“おれさま”,在生气时常常用,比如:老子现在不高兴;老子不想告诉你。

人家:这个女孩子常常用,常在不好意思或生气时用,比如:人家不想去啦;人家那么急,他却什么也不管。

:偶本来是粤语的我,现在在网上常常用,如果你上网时看到“偶知道”、“偶喜欢”这样的句子时,

你应该知道,偶是我的意思。

:俺是北方方言,不过现在在全国范围内被广泛应用,特别在电视剧里常常可以听到,比如:俺也去;

俺是山东人;俺喜欢她。

哈哈,大家吓到了,汉语的“我”也有那么多说法。不过大家不用担心,“我”是最常用的。

初学汉语的人知道“我”是必须的,但在知道“我”的基础上,还能明白以上的这些“我”的说法的话,

你的汉语就更厉害更地道了。

那今天俺就写到这儿吧,下次见。

 

◆この記事をチェックした方はこれらの記事もチェックしています◆